ディアコニア・カウンセリングセンター

ディアコニア・カウンセリングセンター所長 松崎による連絡掲示板
[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

[475] メンズ会 Name:matsu Date:2017/05/25(木) 12:46 
子山ホームの男性職員の楽しい食事会に誘われました♥
普段なかなか話が出来ないSさんと
たっぷりお話しました。
しかし、まあ 若い方々の賑やかさに
Sさんとのお話も大声になりました。
今声がかれてます。


[474] ありがとうございました♪ Name:matsu Date:2017/05/21(日) 14:45 
Messiah コンサートたくさんの皆様に来ていただきありがとうございました。
チケットの前売りが芳しくなかったので客席をステージから見たとき
嬉しい驚きでいっぱいになりました。
リハーサルから始まり特に本番では一流のソリストの方々始め
ユーオーディアオーケストラの方々に支えられて
最後の『Amen』迄歌いきることが出来ました。

心からの感謝を申し上げます。


[473] ステップ5・・罪の告白 Name:matsu Date:2017/05/17(水) 11:00 
ステップ5・・・罪の告白
 
自分の罪の正確な内容をキリストに対して、
また自分や他人に対して認める。

告白は恥をかく事ではありません。
告白によってそのたびに私は救われます。
そして力を得ます。
人生の棚卸しによって振り返った事実を認めます。
私自身が罪と思う、考える事と神様が考える事は違うようです。
罪とは告白しない事。
安全な場所、そして信頼出来る(決して秘密を漏らさない)方を
通して私の罪を告白します。
そのたび、その瞬間瞬間に私は救われ続けます。
 


[472] 天に召された大先輩 Name:matsu Date:2017/05/16(火) 00:40 
佐倉ディアコニアセンター時代大変お世話になった
島津虔一師が天に召されました。
師は日本キリスト教団佐倉教会を長年に渡って牧会されました。
ディアコニアセンターが佐倉の地で始まって以来
師が佐倉教会を退任されるまで大きな助けとなって協力していただきました。
一緒にノルウェイへリトリートに行ったことや
男性の聖職者のみで12stepgroupをしていただいたこと。
また キリスト者の大先輩として松崎の個人的な相談相手にもなって助けていただきました。
思い出は枚挙に暇がありません!!
今 主の元で先にいったディアコニアセンター総主事広瀬勝久さんと談笑しているように思います。
親しい方々が地上から去ってゆくのはやはり寂しく感じます。


[471] 母の日 Name:matsu Date:2017/05/14(日) 09:40 
母の日 入院中の母には本物の花は持ち込めないのでCardにしよう♪

[470] 睡眠 Name:matsu Date:2017/05/13(土) 03:27 
夕方帰宅し、疲れて(肉体疲労)ちょっとベッドに潜り込んだら今目が覚めた!
朝早く起きてコーヒーを入れ、仲間の働く職場に行き、時間通り目一杯働き、(同僚たちは無駄なく、実に効率的によく働きます。誰も監視しているわけでもないのに!!)時間通り帰宅し、眠ってしまう。
なんて健康なんだ!


[469] 占領…(@ ̄□ ̄@;)!! Name:matsu Date:2017/05/12(金) 06:10 
朝から屋根を占領しているスズメが賑やかです…(@ ̄□ ̄@;)!!
昨年の台風で瓦が浮き5ヵ所位巣が出来ているのを屋根屋さんが発見…
どうしようか…!?


[468] ステップ4・・・自己認識と識別 Name:matsu Date:2017/05/11(木) 22:22 
ステップ4・・・自己認識と識別

『自分自身について、その弱さと強さについて、生き方の棚卸しを綿密に恐れずに行う。』

『キリスト者の生き方・成長の12ステップ』ヴァーノン J・ビットナー
巻末付録1(第4ステップ棚卸し用ワークシート)を使って幼い頃から現在までの記憶にある事柄を記入する作業を伴うステップです。
慣れないうちは 苦しい作業です。
棚卸しを終わり記入したシートは誰に見せるわけでもありません。
私はたいていは終わった時点でシュレッダーにかけてしまいます。燃してしまうこともあります。
書いた内容は誰にも見せられませんので・・・・(;^_^;)
書くことに意味があります。
棚卸し表の項目を見て思い出すだけでは意味がないとは言いませんが、効果は少ないです。
大切な事は書ける事では無く書こうとする姿勢です。
書けない自分を発見する事も実は必要です。
過去の事実を書くと言うことは書いたものを自分でもう一度見ることを意味します。
自分で無い事にしてしまいたい過去はもう見たくないものです。
痛みを伴うからです。
「私はもうキリストによって新しくされているから過去は関係ない!今更何故わざわざ過去のことにさわる必要があるのか!!」
とおっしゃって棚卸しの必要を認め無いかたが時折いらっしゃいます。
もし本当にキリストによって新しくされ過去が過去のものとされているならば今過去のことを取り上げても全く平気なはずです。
おそらく過去をまだ今も処理出来ず引きずっているため(過去を過去とされていない)したくないのだと思います。
第4ステップの棚卸しは過去を過去とするためです。
ですからあえてする必要があるのです。
もし1つも記入できないならばそれは敗北ではありません。
過去の痛みから癒されていない自分を認めたことです。
ですからここからキリストの癒しは始まるでしょう。
誰しも否定したい過去を持っているでしょう!
私も恥ずべき過去があります。
勿論神と人に告白できれば幸いなことでしょう!
そのとき過去を過去とし痛みと過去の事実を越える素晴らしい祝福と恵みとそして成長が与えられることでしょう!


[467] 連休明け Name:matsu Date:2017/05/08(月) 05:29 
連休明けの月曜日です。
仕事のシステムが動き始めます。
自分のペースで進みたいですが
どういう1週間になるでしょうか?
♪楽しみにして♪出来ることを
していきます!!


[466] ステップ3・・・信頼と決断(2) Name:matsu Date:2017/05/08(月) 00:47 
ステップ3・・・信頼と決断(2)
私たちはより完全にキリストを理解したいと望みつつ、自分に見えてきたキリストの配慮に自分の意志と人生をゆだねる決心をする。

昨日5月7日は母の92才の誕生日でした。
家族から親戚から音楽付きBirthdayCardをいただきました。
入院中なので皆様からのCardからのHappyBirthdayto you!
が病室中に鳴り響きました。
母が入院している病院に私は信頼を置いています。
田舎の総合病院ですが、看護師さんたちの誠実な態度に好感を覚えます。
私が信頼すると相手も信頼して、妙な緊張感は生じにくくなります。
自分でできることの少なくなったお年寄りたちの看護は仕事を超えるものがあるでしょう。
ガラス張りの職場でガラス張りの病室にいる患者に安心感を与えているのは何なのかと思いました。
気負わず隠さず働く看護師の姿に私は安心を得ます。
思い切って入院させてよかったと心から思いました。



[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
1件〜10件(全472件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡

Powered by 1616BBS